床に横になっている犬

犬は社会性を持つ動物で人間と協調することで幸せに生きていける動物ですから、さまざまなしつけをマスターすることで幸せに生きていくことができます。そのしつけをしていくうえで大切なコツはアイコンタクトとごほうび、ほめ言葉をうまく使うことです。アイコンタクトが大切なのは、飼い主と目を合わせた時には、次に何をすれば良いか考えさせるサインとして記憶させると合理的だからで、そのアイコンタクトを覚えさせるためにはドッグフードなどのおやつを有効利用するのがおすすめです。

やり方は簡単で、まず飼い主が立った状態でおやつを見せたあと、顔の高さまでおやつをもっていき、犬としっかり目があったらいいねとほめ言葉を言いながらおやつを与えます。このトレーニングは毎日続けるのが有効で、1日に10回程度するのが理想的ですけれども、最も効果的なのは犬がもっとも状態の食事前なので、毎回の食事前に行うのが効果的です。

犬は人間が言っている言葉を単語レベルでは理解できるので、しっかりとほめるのは重要ですし、その時の声音を明るいものにしてしっかりほめている様子を伝えることも大切です。いいことをした時にほめ言葉をかけて、ごほうびをあげることが重要なのはここまで記したとおりですが、悪いことをした時の対処法が犬の社会性と飼い主との関係に大きな影響をあたえます。甘噛みをしたり飛びついてきたりした時には、3分間ほど放置するのは正しい対処法で、その理由は信頼関係を壊すことなくなぜ冷たくされているのか考えさせる習慣をつくるためです。犬は賢い生き物ですから、ほめてもらえた時には何をほめてもらえたのか考えますし、しかられた時にはなぜしかられたのか考える能力があるから、いま悪いことをしたことを伝えて原因を考えさせるのが正しい方法です。

コマンドを使ったしつけの中でも最重要といわれる「座れ」についても、おやつとほめ言葉を使ったトレーニングが基本で、まず犬におやつを握った手をかがせたあとで顔の上に持っていき、自然と犬がお尻をつける体勢にもって行きます。その体勢になったらいいねとほめてあげ、手に握ったおやつをあげてあげることでいま良いことをした、というメッセージを伝えるのが大切で、その際には明るい声を出すことも肝心です。座るのが習慣になってきた犬はコマンドを出していなくても、散歩中に飼い主が止まったタイミングなどで座りの体勢をとることがあるので、その時もほめ言葉をかけておやつをあげるのが賢明です。

「座れ」の時に行った方法を応用して行うのが「ふせ」のトレーニングで、同様におやつのにおいをかがせたあとに頭上に持っていき、「座れ」の体勢にして、その後で床近くにおやつを持っていき「ふせ」ができたらごほうびをあげてほめてあげます。コマンドを使ったしつけのコツとしては家族全員をコマンドの言葉を統一させることで、毎回同じ単語を聞いたら同じアクションをすればいいので犬に混乱がなく早くしつけをマスターできるようになります。

記事一覧
犬の口が臭い原因を3つご紹介します! 2019年09月19日

犬に口臭があった場合に原因として最も関連が疑われるところは、口腔であり人間と同じように犬も一生のうちに一度はかかるといわれる、歯肉や歯槽骨など歯の周辺組織が炎症を起こす歯周病が疑われます。犬の成犬は上20本、下22本の合計42本の永久歯を持っていて、強い力で獲物を噛みちぎることもあるから歯根は深く歯...

犬も虫歯になる!虫歯の予防法とは? 2019年10月19日

犬は人間に比べて虫歯になりにくいといわれていますが、年をとったり柔らかいエサしか食べなかったりすると虫歯になりやすくなり、歯に穴があいたり歯が欠けたりして食事がしにくくなります。予防する方法としては子犬のころから歯磨き習慣を身につけることが大切で、なれないうちは歯ブラシを使用せずに指にガーゼを巻き付...

犬を多頭飼いするときに注意すべきポイントについて 2019年10月04日

まず多頭飼いをするにあたって頭にいれるべきことは、もう一匹の犬と仲良くすることよりも飼い主から愛情をたくさんもらうことが大切ですから、それぞれに対してたっぷり愛情を注ぐことを忘れないでください。つぎに多頭飼いをするスタートするうえでポイントとなるのが先輩犬の性格ですが、常に飼い主の愛情を欲しがる甘え...