• ホーム
  • フィラリアってよく聞くけどどんな病気なの?

フィラリアってよく聞くけどどんな病気なの?

2019年08月16日
犬を診ている医者

糸状虫とも呼ばれるフィラリアは、白く細長い虫で成長するとオスが体長およそ15センチメートル、メスが体長およそ30センチメートルにもなる寄生虫で、体長1ミリも満たない子虫の段階で蚊を介して犬に寄生します。媒介する蚊は、私たちのすぐ身近にいるヒトスジシマカやトウゴウヤブカなどで、犬を室内で飼ったり、蚊取り線香や虫除け剤を使ったりしたとしても刺されることを完全に防ぐことは不可能でしょう。

犬の体の中に忍び込んだこの寄生虫は、筋肉などの中で2カ月ほどかけて成長したあとで、血管を通って心臓の右心室と肺動脈に移り、そこでさらに3カ月から4カ月ほどかけて成虫になります。右心室と肺動脈に数多くのフィラリアが寄生している状態では、心臓も呼吸器官もスムーズに動かず、心臓や肺だけでなく肝臓や腎臓にもさまざまな病気を引き起こします。

犬にフィラリアが寄生した場合には慢性イヌ糸状虫症と急性イヌ糸状虫症を発症するのですが、慢性イヌ糸状虫症の場合には感染してから半年ほどの間は症状はほとんど見られず飼い主が気づくことは難しいです。半年を過ぎたあたりから肺にかかる負担のせいで咳をするようになったり、運動を嫌がるようになったりしますが、目に見えて異常だとわかる症状といえば、しっかり食欲があり食べているのに体重が減少することです。そこからさらに症状が進むと咳がひどくなり、運動能力も低下しますが、もっとひどくなるとお腹に腹水が溜まり、パンパンに腫れてどんなに鈍感な飼い主でもここまでくると愛犬が病気になったことを悟ります。

急性イヌ糸状虫症の場合には、突然活気がなくなったりとても息苦しくなったり、黄疸などの症状を示したりしますが、醤油のような濃い褐色の尿を出すことが最も目立った症状です。イヌ糸状虫症の診断は、顕微鏡を使った血液検査で子虫の存在の有無を調べる方法がありますが、万能ではないため抗体検査や超音波検査も使うことがあります。

この病気にならないためには予防するのが一番ですが、慢性イヌ糸状虫症にかかってしまった場合には薬物療法を行い、急性イヌ糸状虫症にかかってしまった場合には外科手術を行います。外科手術にはリスクが伴いますが、薬が効くのを待つ猶予がないため行われていて、この病気専用の鉗子を頸静脈から心臓に入れて糸状虫の成虫を引っ張り出します。大掛かりな外科手術でフィラリアの成虫を駆除した後も、1カ月から1カ月半程度は薬物療法を行って右心室と肺動脈以外にも散らばっているフィラリアの子虫を除去します。

関連記事
犬の口が臭い原因を3つご紹介します!

犬に口臭があった場合に原因として最も関連が疑われるところは、口腔であり人間と同じように犬も一生のうちに一度はかかるといわれる、歯肉や歯槽骨など歯の周辺組織が炎症を起こす歯周病が疑われます。犬の成犬は上20本、下22本の合計42本の永久歯を持っていて、強い力で獲物を噛みちぎることもあるから歯根は深く歯...

2019年09月19日
犬も虫歯になる!虫歯の予防法とは?

犬は人間に比べて虫歯になりにくいといわれていますが、年をとったり柔らかいエサしか食べなかったりすると虫歯になりやすくなり、歯に穴があいたり歯が欠けたりして食事がしにくくなります。予防する方法としては子犬のころから歯磨き習慣を身につけることが大切で、なれないうちは歯ブラシを使用せずに指にガーゼを巻き付...

2019年10月19日
犬を多頭飼いするときに注意すべきポイントについて

まず多頭飼いをするにあたって頭にいれるべきことは、もう一匹の犬と仲良くすることよりも飼い主から愛情をたくさんもらうことが大切ですから、それぞれに対してたっぷり愛情を注ぐことを忘れないでください。つぎに多頭飼いをするスタートするうえでポイントとなるのが先輩犬の性格ですが、常に飼い主の愛情を欲しがる甘え...

2019年10月04日
フィラリアはハートガードプラスがあれば予防できる!

フィラリアの予防薬には種類があり、感染したばかりの子虫を死滅させるために毎日摂取するタイプ、心臓や肺に移動する前の子虫を死滅させるために月に1回投与するタイプ、1回の注射で半年間効果が続く注射タイプがあります。最も一般的なのは二番目にあげた月に1回投与するタイプで、マクロライド系のイベルメクチンやミ...

2019年09月03日
愛犬にピッタリのリードを見つけよう!

リードは散歩のときやドライブ中、部屋の中で過ごしているときに、犬の行動をコントロールしながら飼い主のメッセージを伝える大切なアイテムですが、数多くの種類が出ているから選択次第で暮らしがガラッとかわる可能性を秘めているものです。リード選びの要素としては長さや種類、素材が大事です。まず長さについては飼い...

2019年08月01日