• ホーム
  • 愛犬にピッタリのリードを見つけよう!

愛犬にピッタリのリードを見つけよう!

2019年08月01日
芝生で遊ぶ犬

リードは散歩のときやドライブ中、部屋の中で過ごしているときに、犬の行動をコントロールしながら飼い主のメッセージを伝える大切なアイテムですが、数多くの種類が出ているから選択次第で暮らしがガラッとかわる可能性を秘めているものです。リード選びの要素としては長さや種類、素材が大事です。まず長さについては飼い主が犬の行動に課す制限を反映させるべきで、年齢と性格、しつけの進行度合いで選ぶのが一般的です。1メートル以下のショートタイプは犬が引っ張ればすぐに伸び切ってしまう長さなので、引っ張り癖を矯正中のやんちゃな犬に向いていて、ハーネスなどと組み合わせて使用するとさらなる効果を発揮します。1メートル超え2メートル以下の長さはスタンダードタイプといわれていて、しつけをしている最中の犬にも使えますし、コマンドを出せばすぐに実行するから自由を与えられている犬にも使える、万能で長く使用できるものです。2メートルを超えるロングタイプは、ドッグランなどで遊ばせたいときに向いていますが、道路などで使用すると伸び切ったリードが自動車や通行人の邪魔になって危険ですから、一般道では使用できないものだと思ってください。

種類としては特別な機能のついていないスタンダードタイプがあり、これは首輪と接続する金属製フックと飼い主が手を通す輪がついたシンプルなリードで、さまざまなデザインのものを選べることと丈夫であることがメリットです。他には巻取り式のリールがついたタイプがありますが、このタイプは道路を行儀よく歩かせたいときにはリードを短くして、公園で遊ばせたいときには長くできる柔軟性が魅力ですが、スタンダードタイプと比べて寿命が短い傾向があります。

よく使われる素材の中で最も一般的なのは繊維で、リーズナブルで洗濯できることが利点ですから迷ったら繊維素材のリードを選んでおけば間違いはなく、さらに大型犬には細い紐が編み込まれたタイプにするといいでしょう。高級感がある革は、愛犬のファッションにこだわりたい飼い主におすすめですが、縫製がほつれやすい欠点があるため引っ張る力が弱いトイプードルやチワワなどに使うのがぴったりです。耐久性にとにかくこだわるならば金属製のチェーンリードが最適で、グレートデーンやハスキーなどの体が大きく力が強いタイプに向いていますが、金属音がうるさいことと重いことが欠点なので、覚悟して使用する必要があります。

関連記事
犬の去勢・避妊手術にかかる費用やリスクについて

オスの去勢手術は精巣を摘出する手術ですが、費用は3万円ほどで時間はおよそ1時間で、飼い主を悩ませる問題行動が解決するメリットと活発さが失われるリスクがあります。手術の内容は全身麻酔をかけて陰のう近くを切り、中からふたつの睾丸を取り出して縫合するものですが、性ホルモンを分泌する体のパーツを取り除くため...

2019年11月14日
犬の口が臭い原因を3つご紹介します!

犬に口臭があった場合に原因として最も関連が疑われるところは、口腔であり人間と同じように犬も一生のうちに一度はかかるといわれる、歯肉や歯槽骨など歯の周辺組織が炎症を起こす歯周病が疑われます。犬の成犬は上20本、下22本の合計42本の永久歯を持っていて、強い力で獲物を噛みちぎることもあるから歯根は深く歯...

2019年09月19日
犬も虫歯になる!虫歯の予防法とは?

犬は人間に比べて虫歯になりにくいといわれていますが、年をとったり柔らかいエサしか食べなかったりすると虫歯になりやすくなり、歯に穴があいたり歯が欠けたりして食事がしにくくなります。予防する方法としては子犬のころから歯磨き習慣を身につけることが大切で、なれないうちは歯ブラシを使用せずに指にガーゼを巻き付...

2019年10月19日
犬を多頭飼いするときに注意すべきポイントについて

まず多頭飼いをするにあたって頭にいれるべきことは、もう一匹の犬と仲良くすることよりも飼い主から愛情をたくさんもらうことが大切ですから、それぞれに対してたっぷり愛情を注ぐことを忘れないでください。つぎに多頭飼いをするスタートするうえでポイントとなるのが先輩犬の性格ですが、常に飼い主の愛情を欲しがる甘え...

2019年10月04日
フィラリアはハートガードプラスがあれば予防できる!

フィラリアの予防薬には種類があり、感染したばかりの子虫を死滅させるために毎日摂取するタイプ、心臓や肺に移動する前の子虫を死滅させるために月に1回投与するタイプ、1回の注射で半年間効果が続く注射タイプがあります。最も一般的なのは二番目にあげた月に1回投与するタイプで、マクロライド系のイベルメクチンやミ...

2019年09月03日
フィラリアってよく聞くけどどんな病気なの?

糸状虫とも呼ばれるフィラリアは、白く細長い虫で成長するとオスが体長およそ15センチメートル、メスが体長およそ30センチメートルにもなる寄生虫で、体長1ミリも満たない子虫の段階で蚊を介して犬に寄生します。媒介する蚊は、私たちのすぐ身近にいるヒトスジシマカやトウゴウヤブカなどで、犬を室内で飼ったり、蚊取...

2019年08月16日